2007年04月04日

家庭の医学 予防医学・家庭の医学はなぜ必要か。家庭の医学の重要性・必要性

これからは家庭の医学は必須である!といえるだろう。

家庭の医学 次に、予防医学はなぜ必要か

予防医学、家庭の医学は健康にかかわるすべての面を改善し、医療費を削減する可能性も秘めています。
予防医学、家庭の医学の最も劇的な成果は、ワクチンの開発と普及です。ジフテリア、百日ぜき、破傷風、流行性耳下腺炎(ムンプス)、
はしか(麻疹)、風疹、ポリオ(小児麻痺)などの感染性疾患の症例数は、ピーク時の1%以下にまで減少しました。これは、
効果的で安全なワクチンが開発され、普及したおかげです。さらに米国では、予防接種に1ドル使うたびに約14ドルの医療費を節約する効果があるといわれています。
家庭の医学参照*

家庭の医学により健康的なライフスタイルを奨励する取り組みは、功を奏しているとはいえません。
米国での主要な死亡原因は、心臓病、癌、脳卒中の3つですが、喫煙、脂肪やコレステロールの多い食事、
運動不足といった家庭の医学、ライフスタイルに関連しています。このようなリスクを高める生活を改めれば、
心臓病、癌、脳卒中の予防に役立ちます。しかし、このような生活をやめるように、または今後始めることのないように、
医師、看護師その他の専門家が忠告しても、その効果はあまりありません。専門家は、リスクについて説明し、
健康的な生活を勧めることはできますが、生活を変えることができるのは患者自身だけだからです。
意識の高い方は家庭の医学で自分で検索し、家庭の医学に書いてあるアドバイスどおりに役立てています。
医者にいかなくとも、家庭の医学の段階で予防することができます。医者は時間がないので家庭の医学
について教えてくれる時間はありません。このサイトは家庭の医学から抜粋し、多くの方に参考になるように
作られていますので、家庭の医学を勉強するにはまずここを読むといいでしょう。
家庭の医学で自分の体を知ることは、予防医学でもあり、家庭の医学でもあるのです。
家庭の医学は次のメリットがあります。

なぜ家庭の医学が注目されているか
家庭の医学の必要性は!
予防医学と家庭の医学の結びつきがある。
家庭の医学で病気をコントロールできる!
家庭の医学で病気を防げる。
一生病気知らずも家庭の医学からはじまる。
効率よく家庭の医学を学びましょう。
家庭の医学+食事
病気の反対は健康?
健康なカラダは一番の財産!
家庭の医学+健康食事=なんでもできる
元気なカラダ!
家庭の医学はリスクを知ること。
リスクを知り対処を知るのが家庭の医学病気は千差万別。家庭の医学で自分に
合ったリスクマネジメント
病院ばかりではお金もかかる
時間もかかる。薬だけではリスクは
わからない。だから家庭の医学
自ら勉強する。

デメリットといえば・・・多少時間を割かなければいけないことくらいでしょうか。
忙しい方であれば、奥様などに家庭の医学サイトを紹介して、症状や悩みを聞いてみては
いかがでしょう。家庭の医学サイトから検索して調べてもらえば、お互いのコミュニケーションにも。
一度家庭の医学でご自身の健康を考えてみてください。そこから家庭の医学+予防医学=健康が始まることも
あるでしょう。
posted by 家庭の医学研究生 at 12:45| 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。