2007年04月03日

家庭の医学 家庭の医学から始まる予防へのアプローチをする

家庭の医学 予防医学のためのアプローチ方法

予防医学、家庭の医学には、
(1)感染性疾患(ポリオやはしかなど)を防ぐ予防接種、
(2)スクリーニング検査(高血圧、糖尿病、癌など)、
(3)化学予防(アテローム動脈硬化を予防するコレステロール降下薬、心臓発作や脳卒中を予防するアスピリン、血圧を下げて脳卒中を予防する降圧薬などの薬物療法)、
(4)健康的なライフスタイル改善(禁煙、シートベルトの使用、健康的な食事など)を奨励するカウンセリング、という家庭の医学4つの主要な要素があります。

専門家・家庭の医学が10代や青年に与えるアドバイスには、シートベルトの使用、自転車やオートバイに乗るときのヘルメットの使用、喫煙や飲酒、
非合法薬物を避けることの重要性、運転や水泳に際して飲酒しないことの重要性、性感染症や望まない妊娠を避ける方法などがあります。
脂肪、コレステロールが控えめで、カルシウムを十分に含んでいるバランスのよい食事の重要性(特に女子の場合)、定期的に運動をすること
の重要性も、医師が強調する点です。この年代の予防ケアでは、化学予防(病気を予防するために薬を飲むこと)は主軸ではありませんが、
妊娠の計画のある若い女性に対しては、葉酸を含むマルチビタミン剤を服用するよう勧めます。

家庭の医学・青年から中年の予防: 予防ケアとしての測定は25歳から64歳の人にも必要です。この年齢のリスクの大部分は、血圧、身長、体重、コレ
ステロール値のスクリーニングで判断できます。血糖値の測定を勧める専門家もいます。専門家は、気分や睡眠パターンを尋ねてうつや
ストレスをスクリーニングします。職場環境を尋ねて、健康に害を及ぼす原因がないかを確認することもあります。


女性にはパップスメア検査(子宮頸癌)とマンモグラフィ(女性の年齢、家族の乳癌の病歴によります)を受けることを勧め、乳房の自己
検診を奨励します。50歳以上の男性に対しては(あるいは家族の病歴からリスクが高いと思われる50歳未満でも)、前立腺癌のスクリーニ
ングのために、毎年直腸検査を受けるよう勧める専門家もいます。直腸検査の代わりに、あるいは直腸検査に加えて、PSA(前立腺特異抗原)
の血液検査が勧められることもあります。精巣癌を見つける手段として、青年から40歳までの男性には精巣の自己検査が勧められます。
50歳以上の男女には、潜血を調べる便検査を毎年受けること、S状結腸鏡検査などの結腸癌スクリーニング検査を定期的に受けることが勧められます。

家庭の医学から-ストレスは非常に問題が大きいです。特にこの時代、社会的にストレスが蔓延している傾向があります。
身体的な疲れより精神的な疲れ、ストレスでは正常な生活が困難です。家庭の医学にもストレスの対処法がありますので
家庭の医学を参考にして下さい。
家庭の医学はリスクを知ること。
リスクを知り対処を知るのが家庭の医学
病気は千差万別。家庭の医学で自分に
合ったリスクマネジメント
病院ばかりではお金もかかる
時間もかかる。薬だけではリスクは
わからない。だから家庭の医学
自ら勉強する。
また、家庭の医学には家庭の医学4つの主要素も載っています。
家庭の医学は専門家が書いている家庭の医学書なので、じっくり調べてみてください。家庭の医学にはどうすればいいか
書いてあります。病院にいく必要がある場合も同様です。まずは予防医学として家庭の医学で気になる項目をみてみるのがいいでしょう。
また家庭の医学によると、病気のみではありません。家庭の医学によると、健康的なライフスタイル
つまり日ごろの生活習慣、といっても家庭の医学は食事や運動だけではなく、たばこや事故・精神的トラブルについても
書いてあります。家庭の医学は意外と家庭全般の問題にも使えると思います。
予防医学と家庭の医学の結びつきがある。
家庭の医学で病気をコントロールできる!
家庭の医学で病気を防げる。
一生病気知らずも家庭の医学からはじまる。
効率よく家庭の医学を学びましょう。
ぜひ家庭の医学を楽しんでみてください。
posted by 家庭の医学研究生 at 13:55| 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。