2007年04月12日

家庭の医学 家庭でよく使われる「薬」の作用性

家庭の医学 家庭でよく使われる「薬」の作用性
ほとんどの薬は、口から飲みこんだり、注射したり、吸入したり、皮膚から吸収したりすると、
血流中に入って全身を循環します。中には、点眼薬のように必要な部位に直接投与する薬もあります。
そして意図する効果をそこで発揮する細胞や組織(標的部位)と相互作用します。
ここからが家庭の医学です。
選択性が比較的乏しい薬、家庭でよく使われる風邪薬など総合薬は、多種多様な組織や臓器に作用します。たとえば、消化管
の筋肉を弛緩させるために使うアトロピンは、眼や気管の筋肉も弛緩させます。選択性
が比較的高い薬もあります。たとえば、アスピリンやイブプロフェンなどの非ステロイド性
抗炎症薬(NSAIDs)(痛み: 非オピオイド鎮痛薬を参照)は、炎症が起きている部位であれば
どこでも標的にします。そのほか、主に1つの臓器あるいは1つの器官系だけに作用する、選
択性の高い薬もあります。たとえば、心不全の治療で投与されるジゴキシンなどは、主に
心臓に作用してその拍出効率を高めます。睡眠補助薬は脳の特定の神経細胞を標的にします。

家庭の医学で今回の要点となるところは、薬は用法用量を正しく守る必要があるということです。
薬が効果を発揮する部位は、その薬が体内のどんな細胞や酵素などの
物質と相互作用するかによって決まります。
過剰に摂取したり不足したりすると、予期せぬ作用が起こる可能性があります。
風邪薬を頻繁に服用すれば作用が薄れたりする可能性があります。
家庭の医学でそのような基本情報は取り入れておくことができます。
家庭の医学はリスクを知ること。
リスクを知り対処を知るのが家庭の医学
病気は千差万別。家庭の医学で自分に
合ったリスクマネジメント
posted by 家庭の医学研究生 at 12:52| 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2007年04月05日

家庭の医学 はじめに。なぜ家庭の医学か

家庭の医学 はじめに、なぜ家庭の医学が注目されているか

これまでの医学は、症状を診て、その症状の原因となっている病気を明らかにして、病気を治療することに焦点をあててきました。
一方、家庭の医学・予防医学が目的としているのは最初の発病を防ぐこと、あるいは症状もなく、最も回復が期待できる早期のうちに診断することです。
予防は医学と医療の領域に含まれ、病気、障害、早死にを防ぐための具体策を講じて健康を増進し、リスクを減らすことを目的としています。
そのために家庭の医学として、家庭でも取り組む必要があります。

家庭の医学・予防医学は個人のリスクプロフィールに大きく左右されます。リスクプロフィールとは、その人の年齢、性別、家族の病歴、ライフスタイル
物理的、社会的環境などの要因に基づいた、病気にかかるリスクのことです。リスクプロフィールに基づいて、家庭の医学で自身の病気にかかる危険性を知れば、
それを最小限にするための対策を家庭の医学の知識で打つことができます。

人は幸運や不運といった偶然に左右されるものですから、予想外のけがなどで健康を損なうこともあります。しかし、遺伝子構造や家族の病歴といっ
家庭の医学要因から予想できるリスクもあります。これらの家庭の医学要因によるリスクをコントロールすることはできませんが、病気のかかりやすさに対する手がかりになります。
たとえば、糖尿病の病歴が家族にある人は、そうでない人よりも糖尿病を発病するリスクが高いので、定期的に血糖値をチェックし、
糖尿病の発病を防ぐ対策を医師に相談した方が賢明です。結腸直腸癌の病歴が家族にある人や、潰瘍性大腸炎のような、結腸直腸癌を発病する確率
が高くなる病気にかかっている人は、S状結腸鏡や大腸内視鏡(消化器系の腫瘍: 診断を参照)によるスクリーニング検査を、平均的なリスクの人よ
りも頻繁に受けた方がよいでしょう。家族に乳癌の病歴がある女性は、若いときから乳房撮影のスクリーニング検査を受けた方がよいでしょう。
このようなことも家庭の医学に書いてあります。

家庭の医学リスクプロフィールを検討する際には、その人のライフスタイルの選択も考慮されます。たとえば、ストレスへの対処の仕方は重要で、ストレスを減
らせば血圧も低くなり、それに家庭の医学で伴って脳卒中や心臓発作のリスクも低下します。喫煙や運動不足によって、多くの命にかかわる病気のリスクが上昇し
ますが、このような要因は明らかにコントロール可能なものです。喫煙する人や運動不足の人で、心臓疾患の病歴が家族にある人は、喫煙に伴うリス
クや運動の効果について医師と相談した方がよいでしょう。脂っこいものをたくさん食べる人はアテローム動脈硬化
(アテローム動脈硬化を参照)のリスクが高いので、食事を改善したり、血中コレステロール値を頻繁にチェックする方がよいでしょう(コレステロールの異常: はじめにを参照)。

家庭の医学での注意点で暴力の多発する地域に住んでいたり、鉛を含んだ塗料が家に使われていたり、危険な環境で働いていたりといった、社会的・物理的環境も人の健康に影響
を与えます。このような要因も、家庭の医学リスクプロフィールの検討の際に考慮されます。たとえば、アスベストを扱う環境で働く人は肺の病気にかかるリスクが高いので、
定期的な胸部X線検査とともに禁煙が必要です。また、働くときにはフィルターつきマスクのような保護具を使うことも奨励されています。組立工場のラインや
コンピューターのキーボード入力のような、手首の曲げ伸ばしを繰り返す仕事をしている人は、手根管症候群や、体の一部を繰り返し使うことと関係のある、神経、
腱、靭帯(じんたい)の病気にかかるリスクが高くなります。医療専門家は、問題を起こす動作が持続する時間を短くし、仕事場所の家具や設備を見直して、
障害が起こる部分への肉体的ストレスを減らすように勧めるでしょう。家庭の医学を有効に活用してみてください。
posted by 家庭の医学研究生 at 14:12| 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2007年04月04日

家庭の医学 予防医学・家庭の医学はなぜ必要か。家庭の医学の重要性・必要性

これからは家庭の医学は必須である!といえるだろう。

家庭の医学 次に、予防医学はなぜ必要か

予防医学、家庭の医学は健康にかかわるすべての面を改善し、医療費を削減する可能性も秘めています。
予防医学、家庭の医学の最も劇的な成果は、ワクチンの開発と普及です。ジフテリア、百日ぜき、破傷風、流行性耳下腺炎(ムンプス)、
はしか(麻疹)、風疹、ポリオ(小児麻痺)などの感染性疾患の症例数は、ピーク時の1%以下にまで減少しました。これは、
効果的で安全なワクチンが開発され、普及したおかげです。さらに米国では、予防接種に1ドル使うたびに約14ドルの医療費を節約する効果があるといわれています。
家庭の医学参照*

家庭の医学により健康的なライフスタイルを奨励する取り組みは、功を奏しているとはいえません。
米国での主要な死亡原因は、心臓病、癌、脳卒中の3つですが、喫煙、脂肪やコレステロールの多い食事、
運動不足といった家庭の医学、ライフスタイルに関連しています。このようなリスクを高める生活を改めれば、
心臓病、癌、脳卒中の予防に役立ちます。しかし、このような生活をやめるように、または今後始めることのないように、
医師、看護師その他の専門家が忠告しても、その効果はあまりありません。専門家は、リスクについて説明し、
健康的な生活を勧めることはできますが、生活を変えることができるのは患者自身だけだからです。
意識の高い方は家庭の医学で自分で検索し、家庭の医学に書いてあるアドバイスどおりに役立てています。
医者にいかなくとも、家庭の医学の段階で予防することができます。医者は時間がないので家庭の医学
について教えてくれる時間はありません。このサイトは家庭の医学から抜粋し、多くの方に参考になるように
作られていますので、家庭の医学を勉強するにはまずここを読むといいでしょう。
家庭の医学で自分の体を知ることは、予防医学でもあり、家庭の医学でもあるのです。
家庭の医学は次のメリットがあります。

なぜ家庭の医学が注目されているか
家庭の医学の必要性は!
予防医学と家庭の医学の結びつきがある。
家庭の医学で病気をコントロールできる!
家庭の医学で病気を防げる。
一生病気知らずも家庭の医学からはじまる。
効率よく家庭の医学を学びましょう。
家庭の医学+食事
病気の反対は健康?
健康なカラダは一番の財産!
家庭の医学+健康食事=なんでもできる
元気なカラダ!
家庭の医学はリスクを知ること。
リスクを知り対処を知るのが家庭の医学病気は千差万別。家庭の医学で自分に
合ったリスクマネジメント
病院ばかりではお金もかかる
時間もかかる。薬だけではリスクは
わからない。だから家庭の医学
自ら勉強する。

デメリットといえば・・・多少時間を割かなければいけないことくらいでしょうか。
忙しい方であれば、奥様などに家庭の医学サイトを紹介して、症状や悩みを聞いてみては
いかがでしょう。家庭の医学サイトから検索して調べてもらえば、お互いのコミュニケーションにも。
一度家庭の医学でご自身の健康を考えてみてください。そこから家庭の医学+予防医学=健康が始まることも
あるでしょう。
posted by 家庭の医学研究生 at 12:45| 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2007年04月03日

家庭の医学 家庭の医学から始まる予防へのアプローチをする

家庭の医学 予防医学のためのアプローチ方法

予防医学、家庭の医学には、
(1)感染性疾患(ポリオやはしかなど)を防ぐ予防接種、
(2)スクリーニング検査(高血圧、糖尿病、癌など)、
(3)化学予防(アテローム動脈硬化を予防するコレステロール降下薬、心臓発作や脳卒中を予防するアスピリン、血圧を下げて脳卒中を予防する降圧薬などの薬物療法)、
(4)健康的なライフスタイル改善(禁煙、シートベルトの使用、健康的な食事など)を奨励するカウンセリング、という家庭の医学4つの主要な要素があります。

専門家・家庭の医学が10代や青年に与えるアドバイスには、シートベルトの使用、自転車やオートバイに乗るときのヘルメットの使用、喫煙や飲酒、
非合法薬物を避けることの重要性、運転や水泳に際して飲酒しないことの重要性、性感染症や望まない妊娠を避ける方法などがあります。
脂肪、コレステロールが控えめで、カルシウムを十分に含んでいるバランスのよい食事の重要性(特に女子の場合)、定期的に運動をすること
の重要性も、医師が強調する点です。この年代の予防ケアでは、化学予防(病気を予防するために薬を飲むこと)は主軸ではありませんが、
妊娠の計画のある若い女性に対しては、葉酸を含むマルチビタミン剤を服用するよう勧めます。

家庭の医学・青年から中年の予防: 予防ケアとしての測定は25歳から64歳の人にも必要です。この年齢のリスクの大部分は、血圧、身長、体重、コレ
ステロール値のスクリーニングで判断できます。血糖値の測定を勧める専門家もいます。専門家は、気分や睡眠パターンを尋ねてうつや
ストレスをスクリーニングします。職場環境を尋ねて、健康に害を及ぼす原因がないかを確認することもあります。


女性にはパップスメア検査(子宮頸癌)とマンモグラフィ(女性の年齢、家族の乳癌の病歴によります)を受けることを勧め、乳房の自己
検診を奨励します。50歳以上の男性に対しては(あるいは家族の病歴からリスクが高いと思われる50歳未満でも)、前立腺癌のスクリーニ
ングのために、毎年直腸検査を受けるよう勧める専門家もいます。直腸検査の代わりに、あるいは直腸検査に加えて、PSA(前立腺特異抗原)
の血液検査が勧められることもあります。精巣癌を見つける手段として、青年から40歳までの男性には精巣の自己検査が勧められます。
50歳以上の男女には、潜血を調べる便検査を毎年受けること、S状結腸鏡検査などの結腸癌スクリーニング検査を定期的に受けることが勧められます。

家庭の医学から-ストレスは非常に問題が大きいです。特にこの時代、社会的にストレスが蔓延している傾向があります。
身体的な疲れより精神的な疲れ、ストレスでは正常な生活が困難です。家庭の医学にもストレスの対処法がありますので
家庭の医学を参考にして下さい。
家庭の医学はリスクを知ること。
リスクを知り対処を知るのが家庭の医学
病気は千差万別。家庭の医学で自分に
合ったリスクマネジメント
病院ばかりではお金もかかる
時間もかかる。薬だけではリスクは
わからない。だから家庭の医学
自ら勉強する。
また、家庭の医学には家庭の医学4つの主要素も載っています。
家庭の医学は専門家が書いている家庭の医学書なので、じっくり調べてみてください。家庭の医学にはどうすればいいか
書いてあります。病院にいく必要がある場合も同様です。まずは予防医学として家庭の医学で気になる項目をみてみるのがいいでしょう。
また家庭の医学によると、病気のみではありません。家庭の医学によると、健康的なライフスタイル
つまり日ごろの生活習慣、といっても家庭の医学は食事や運動だけではなく、たばこや事故・精神的トラブルについても
書いてあります。家庭の医学は意外と家庭全般の問題にも使えると思います。
予防医学と家庭の医学の結びつきがある。
家庭の医学で病気をコントロールできる!
家庭の医学で病気を防げる。
一生病気知らずも家庭の医学からはじまる。
効率よく家庭の医学を学びましょう。
ぜひ家庭の医学を楽しんでみてください。
posted by 家庭の医学研究生 at 13:55| 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

広告


この広告は60日以上更新がないブログに表示がされております。

以下のいずれかの方法で非表示にすることが可能です。

・記事の投稿、編集をおこなう
・マイブログの【設定】 > 【広告設定】 より、「60日間更新が無い場合」 の 「広告を表示しない」にチェックを入れて保存する。


×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。